ブログ

日記を役立つ情報に変えるコツ

アメブロマーケッターの中道あんです。

文章力が上がれば
ブログは読まれるようになります。

読まれるようになれば
お金を生み出す力も高まります。

それには脱・日記が必要。

きびしいようですが
日記は読み手に無益といっていいでしょう。

例えばこんな感じのブログ

============
タイトル:充実した休日を過ごせました!


本文:
今日は仕事が休みで
家事を早くすませ日帰り観光に出かけました。
行った場所は京都の「〇〇寺」です。

ちょうど桜が見頃。
境内には大小さまざまな桜の木があります。
とても美しかったです。

寺院の中庭を鑑賞しながら
お抹茶と和菓子をいただきました。
とても美味しかったです。

ここのところ仕事でトラブルが続いて
ストレスが溜まっていたので癒すことが出来ました。

ほんと来て良かったです。

そしてランチは町屋カフェの「◇◇」でした
和と洋の2種類から選べ
私はハンバーグを注文しました。
京野菜の煮物やサラダが付いて
ボリューム満点でした。

美味しくいただきました。

帰りに豆餅をお土産に買って
おうちでお茶の時間にしました。

日々の忙しさから解放されてとても充実した一日でした。

明日からがんばろ!
==============


どうでしょうか?

320文字の文章ですが

読み手にしてみれば
何か特別に得られるものはないですね。

どうせ書くのなら「価値」を提供しましょう。

まず、お寺とランチ2記事に分ける。

鉄板ルールはコレ↓
ーーーーーー
1記事に言いたいことは1つに絞る!
ーーーーーー

タイトル:仕事のストレスを癒す「〇〇寺」

・仕事でストレスが溜まっている
・その理由
・休日はストレス解消のためお寺にいく
・なぜお寺を選んだのか
・お寺の何に癒されたのか
・<画像を数枚>入れる
・その理由は何か
・お寺のおススメポイント


ポイントはここ!
ーーーーーー
同じような悩みを抱えている人に対し
今ある状態から変化したことを書く
ーーーーーー

読者の共感とお困りごとの解決を
意識するだけもで文章は変わります。

人は「変化」に価値を感じるので
読み手に受け取ってもらえるでしよう。

観光ガイドブックには載っていない
行った本人でしか分からないことを書くことで
価値ある情報に変化します。

「わたしも!」もお寺にいってみよう!と
思ってくれるかもしれません。


2記事目

タイトル:京野菜が人気の四条 町屋カフェランチ


雰囲気や食器、店内の様子など
このカフェに行った人にしか
分からない情報を満載にすること


和と洋のどちらにするか迷うほど
でもアラカルトも捨てがたい、など

お店のウリとなる要素と
お客さんの喜ぶポイントの
重なる部分を記事にすること

<画像を数枚>入れる


で大事なのはタイトル


検索エンジンを意識してキーワードを入れる

「人気 四条 町屋カフェ」
「京野菜 四条 ランチ」

キーワードを複数の組み合わせを考えてつける。

調べている人たちの目に留まる可能性が高くなる。


まちがっても

「おいしい町屋カフェランチ」にしないこと。


それだと検索対象が全国になっちゃいます。

するとGoogleに該当記事だと思って貰えず
検索に引っかからない。


アメブロは検索エンジンに弱くはないです。
しっかりキーワードを入れましょう!

価値のあること・役に立つこと


というと大それたことを書くべきと
ハードルを上げているのは自分自身。

平凡な毎日でとりたてて特別なことはしていない。

それは誰しも同じなんです。


だからこそ、多くの人に共通する
価値がそこに隠れているんです。


読み手にとって何が価値になるのか

↓
それはあなたが経験して
気づいたこと
変化したことに視点を置くといいですよ。

最新の記事

集客できるアメブロはココを押さえる!

WEB集客

アメブロで集客できない弱気ワードの文章

WEB集客

アメブロ集客どうしてブログが読まれない?

WEB集客

アメブロで集客はできないと言う前に考えること

ブランディング

講座一覧

講座一覧

個人向け起業

起業を考えている方 起業初期の方
ビジネスでお悩みの方

個人向け起業塾
言葉の力で売れる私になる
more
WEB集客コンサルティング

サロンや店舗の認知を広げたい方
リブランディングをしたい方

WEB集客コンサルティング
ホームページ×アメブロ活用術
more
ブランディングプロデュース

人生を変えたい 自分を知りたい
ブログで成果を上げてみたい

ブランディングプロデュース
言葉の力×ブログで叶える自己実現
more

ブログ講座

  • 無料メール講座
  • 個別オンライン説明会
Topへ